スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
チアパス日帰りの旅②
スミデロ渓谷の後は
そこから車をとばして30分の
サンクリストバル・デ・ラスカサスへ。

ソカロ正面に建つカテドラル
DSC02292.jpg


コロニアル調の町並み
DSC02291.jpg

ソカロ周辺をウロウロ歩きならが
レストラン探し、、

何件か様子を見て
外にメニューが置いてあった
「エル・フォゴン・デ・ホベル」というレストランへ


レストラン内は観葉植物がいっぱい   マリンバの演奏
DSC02294.jpg DSC02297.jpg


ここでトルティーヤを焼いて持ってきてくれる
DSC02293.jpg


オーダーしたのはメキシコ風チョリソのチーズフォンデュと
DSC02295.jpg


チアパス風炭火焼き これで1人前
DSC02299.jpg

これにはサラダとスープもつくと言うのでオーダーしたら
お会計の時スープは別料金。。
オーダーをとったウェイター
スペイン語が得意ではなさそうだったので(先住民の言葉を話しているため)
まぁー仕方ない。
おいしかったしよしとする☆

※El Fogon de Jovel
  Av.16 de Septiembre #11
  12:30pm-10:00pm



ここでの滞在時間は3時間程。
ビヤエルモサからの道が途中グネグネの山道で
明るいうちに帰った方がいいと
4時半に帰路についた。

今度は計画を立ててゆっくり来たい




スポンサーサイト
[2010/06/26 23:21 ] | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
チアパス日帰りの旅①
先週の日曜日
メキシコは父の日で(そういや日本はいつなんだ??)
レネの上司宅のパーティーにお招きされ行ってきた。

そこで旅行の話になって
チアパス州のスミデロ渓谷は絶対行くべきよ~と言われたので、、

早速火曜日にスミデロ渓谷へ。
予定を立てていたわけではなかったから
ホテルへのぺット可・不可の問い合わせをする余裕もなく
往復車で8時間のハードな日帰り旅行に。。

ビヤエルモサを朝7時に出発
チアパス州の州都トゥクストラ・グッティエレスを通過し
10時半頃チアパ・デ・コルソのスミデロ渓谷ボート乗り場に到着。

するとオランダから来たという夫婦1組が待っていた。
というのもボート1台が1600ペソで
1台8人までだから人数が多いほど値段が安くなる。
平日だし待っても誰も来なさそうだと4人で乗ることに。
1人あたり400ペソ。。エクスペンシーブ!!


これが1時間半で1600ペソのボート
DSC02251.jpg


最初はどーってことないけど
進むにつれてだんだん崖の高さが高くなる
DSC02267.jpg


ボートは猛スピードで進むけど
動物がいると低速して止まってくれるので近くで見られる。

体全体は見えなかったけどワニ
DSC02257.jpg
その後、運転手がボートをワニのいる川岸に近づけようとしたら
進み過ぎてボートごと木の茂みにつっ込んだ!!
ハードなアトラクション?!かと思ったけど
ボート運転歴4年で初の運転ミスだったらしい。
みんな頭に木の枝やら葉っぱつけて大爆笑
・・・けど大事にならなくてよかった。。


目がキョロっとした可愛い野鳥
DSC02281a.jpg

デジカメで撮るには遠すぎて写真はないけどサルもいた。


断崖の高さは一番高い所で水面から1000mだとか
DSC02278.jpg
スペイン植民地時代には
奴隷化を強いられた先住民たちが
ここから飛び降りたという悲しい歴史も。


そしてスミデロ渓谷で一番綺麗なスポットという
崖から滴る水しぶき
DSC02286a.jpg


雄大な自然の中を
時速40Kmのボートで走り抜ける川下りは爽快!!

ただ途中ボートを止めなければいけない程
ペットボトルなどのゴミが川にたくさん浮いてて
せっかくの絶景がすごく残念だった。

町の人たちのポイ捨てしたゴミが川を下って
ここに流れてきてるのだとか。
以前は世界の絶景ランキングで上位だったらしいが
このゴミのせいでランクを下げているらしい。

メキシコは世界遺産もたくさんあって
自然も豊かで本来は美しい国なはずなのに、
どこに行ってもゴミが目について本当に残念に思う。。

メキシコ人は愛国心が強いんだったら
国の自然や環境ももっと大切にすべき!








[2010/06/26 22:44 ] | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。