スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
ロス・ビスケッツ・ビスケッツ・オブレゴン
今日からレネはオイルフィールドへ
そして私は1週間ぶりのブログ更新。

私が1人PCに向かってブログを書いたりネットに時間を費やすのが
レネは好きじゃない。
自分がいない1週間にいくらでもそういう時間はとれるんだから
一緒にいる時は同じことをしようよと。

てなわけで、
リアルタイムでのブログ更新はなかなかできないわけです。。


前置きはさておき、、、

レネが休みの時によくブランチを食べに行くレストラン
Los Bisquets Bisquets Obregon (ロス・ビスケッツ・ビスケッツ・オブレゴン)
現在メキシコの11州にあるチェーン店

DSC02402.jpg


メキシコでは他にも有名ファミレスチェーン
「VIPS(ヴィップス)」「Sanborns(サンボーンス)」「El Porton(エル・ポルトン)」
などあるけれど、
私たちは断然ビスケッツ・オブレゴン派!

なぜなら
レストラン名でもあるようにビスケットが美味しい♪

半分にカットされた面にバターが塗られていて
それをさらに美味しくさせるためイチゴジャムをたっぷりと。 カロリーは気にしない~

DSC02398.jpg



それからメキシコの朝食の定番、卵料理
DSC02400.jpg

手前は私がいつもオーダーする
「Huevos Divorciados(ウエボス・ディボルシアドス)」
直訳すると「離婚した卵たち」
ちょっと縁起の悪そうな料理だけど
メキシコの卵料理の中では1番好き。

トルティーヤの上に半熟の目玉焼きがのっていて
トマトソースとグリーントマトソースがかかっている。
真ん中にドカ~ンとのっているのはフリホレス(豆のペースト状)

ちなみにレネがオーダーしたのは
スクランブルエッグに3種のサルサがかかったもの。


そういえば、
前回夜に行ったときのこと。
その時間帯の責任者と思われる若い男性が
1つずつのテーブルに様子をうかがいに回っていて、
私たちの向かいに座っていた60代ぐらいの女性4人組が
担当したウェイトレスの態度が悪いと苦情を言っていた。

だけどそういった苦情に対して
高級レストランですら大した反応も謝罪もなかったりするのがメキシコ。

その男性がどういう対応をするのかと見ていたら、
女性客の1人が誕生日だということを聞き出し
時間に余裕があるならお詫びをさせて欲しいと
ローソクをつけたケーキのサービスを。

これには女性4人組も大喜び。
あのウェイトレスにはムカついたけど
あなたのおかげでそんなこと一気に忘れたわ~
ありがとう!と。

メキシコで初めて見た素敵な接客☆
彼が私たちのテーブルに来た時
あなたの対応は素晴らしかった!と伝えたら
お客さんにまた来たいと思ってもらえるようにするのが
自分の務めだと。

どこにいっても接客レベルがひどいメキシコだけど
こんな風に働いている人もいると知って
ちょっと嬉しくなった日だった。






スポンサーサイト
[2010/07/22 23:19 ] | お店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。